トップページ>老眼デビュー!

老眼

老眼デビュー!

老眼デビュー!」では、老眼に関する情報を百貨店のようにバラエティ豊かに紹介しています。

老眼デビュー!





芸能人のメガネはデザイン重視ですが、一般の人は実用性(レンズ)から入る場合が多いですね〜私達もトータルファッションの一部として、もっと芸能人を見習いませんか?



人によって多少の個人差はありますが、一般的には40歳前後で「老眼」になっていくといわれています。


老眼は、水晶体が老化していくことによっておきる老化現象です。(硬くなっていき調節出来にくくなります)水晶体は、見る物体の距離に応じて厚みを変化させていきます。


たとえば、学生や子供は本を顔に近づけても文字を読むことができますが、これは水晶体が柔らかく厚みを変化させることができるからです。ところが大人になると、学生や子供達と同じようには文字は読めません。手元にある物体をみるときに、水晶体を厚く出来なくなるからです。


ですから老眼のレンズは、真ん中が厚い凸レンズになっています。元もとの視力が「近視」の人と「遠視」の人では、老眼の症状の感じ方が違ってきます。遠視の人のほうが早く症状が現れます。というより感じます。
なぜなら、遠視も老眼も同じ凸レンズだからです。早ければ20代から感じる人もいるようです。


近視の人達は凹レンズなので、老眼の症状を感じにくいはずです。老眼の症状が現れているのに、近くを見るといつまでもメガネ無しでよく見える場合は近視の人が多いです。(遠くは別です)


「私は老眼になっていない。若いのよ?」っていう人は、つまり近視の人なんですよね。


近視の人がメガネを作ったのに、それをかけると逆に近くが見づらいと感じたら「老眼」なんですよ〜


日本人の平均寿命は毎年延びていますが、老眼の症状は逆に早まっている傾向があるようです。


       じゃあどうやって老眼は治せるの?


老眼は年齢を重ねると必ず起こる現象なので、誰もが止めることは出来ません。(ならない人もいますが!?)でも、進行を遅らせることは可能です。


誰でも「私は老眼じゃない!」と信じたくない気持ちはわかりますが、少しでも良い方向になるように、対策を練ることが必要だと思います。少しでもおかしいなと感じたら、まず眼科で検眼をしましょう。


「老眼」と診断されたら、医師のアドバイスに従い老眼鏡を作ることが大事ですよ。カッコが悪いからといって老眼鏡を作らない人も多くいますが、見えづらさを我慢すればかえって眼の負担が増して、老化・老眼を進めることになってしまいます。


我慢せずに老眼鏡を利用したほうが、眼の健康だけじゃなく精神的にも健康に過ごせるはずです。


これは老眼だけじゃないですが、遠くも近くも見えづらいときは、必要以上に顔に力を入れてしまいますよね。老眼で焦点のあわないとき、モノを離して目を細めるアレです。とっても美容に悪いですよ!


美容? だって、顔に皺がよりやすくなります・・・鏡でよくみて下さい。


更に付け加えるなら、毎日の規則正しい生活習慣と栄養、眼の休養をしっかりと摂ることがとても重要ですよ。最近注目されている、ブルーベリーのサプリメント等も有効みたいですよ(^^)


それと、疲れた時や眠い時に眼を強くこする人がいますが、これは良くないですよ。眼球や視神経を痛める恐れがあります。網膜はく離など怖い病気につながる場合も・・・


さらに、紫外線からも眼を守るようにサングラスも有効です。紫外線(UV)は、肌だけじゃなく眼にも悪影響を及ぼしますよ。


今はカンタンに手術できますが、白内障(特に中年以降は気をつけましょうねっ!)も大きな原因の一つは紫外線なんですよ。サングラスだけじゃなく、普通にメガネを作るときにも必ずUVカットは入れましょう。


老眼鏡にはあまり必要ないですが、屋外で使うめがねには必須ですよ!手術をしたから「もう〜大丈夫!」って油断をして(防御をしないってことです)メガネがなければ、つばの広い帽子も有効です。


レンズに色を入れるだけじゃだめですよ。あまりないですが、UVカット無しでレンズに色が入っていると余計に紫外線が入りやすくなります。なぜなら・・・目の瞳孔が開きやすくなるからです。


色は入れなくてもいいので、UVカットは是非どうぞ!(しつこいね〜)


私も白内障になって目の手術は一生したくないので、UVカットはもちろん入っていますよ。
(もちろん100%の保証はないですが・・・)


老眼鏡は屋内で使用する場合が多いので、色はあまり入れないようです。最近のレンズはプラスチックレンズが多いのですが、老眼鏡はガラスも人気があります。しかもガラスレンズ自体に紫外線対策効果があります。


ちなみに、プロの選ぶ似合うメガネの選び方はこんな感じです(^^)


これからはメガネなしでは外出しないほうがいいですよ。裸眼で太陽を見るなんてもってのほかです







Copyright © 青春という名の百貨店 All rights reserved